eBay(イーベイ)登録・出品・ストア登録マニュアル無料公開&無料配布

メニュー

PDFファイルダウンロード

eBay(イーベイ)英文事例集

eBayトラブル事例集

eBay出品お役立ちeBook

海外送金受金参考サイト

管理人プロフィール

ヤフーカテゴリ登録サイトです

関連サイト


eBay(イーベイ)出品時のトラブル事例


このページではeBay(イーベイ)での出品時のトラブルについての事例を掲載したいと思います。

私はeBay(イーベイ)では出品が主ですので、出品に関するトラブルもそれなりに経験しています。
でも、手に負えなかったトラブルはなかったと記憶しています。仕入れ値が万単位の商品や中には10万円を超える商品もありますが、大きな損失を受けたこともありません。
私の英語力は中学英語程度ですし、トラブルが起こった際のやり取りの英文も全て無料の翻訳サイトを使用してのものです。特別に高度な英語力がなくてもトラブルの際に交渉することは可能です。
一応いざという時のために、英語力が高い人とのコネクションもいくつか持っていますが、幸いにも今までそのコネクションを使ったこともありません。
トラブルがもし起こっても、感情的にならず冷静に自分の主張を端的に伝えるようにしています。感情的になった時は一呼吸置いて冷静になってからメールを書くようにしています。自分に落ち度が無いのなら、自分の正しさを主張し、相手が間違っているところをしっかりと指摘しましょう。
損失を被らない種類のトラブル、つまり考え方の相違や感情的な面でのトラブルの場合は、キリの良いところで話しを終わらせることも大切です。時間と労力の無駄だと私は考えます。言い負かすほどの英語力もないし、というところもあるのですが(^^;
ということで私がeBay(イーベイ)出品で経験したトラブルについての事例を掲載したいと思います。
(今後も掲載数を順次増やしていく予定です)


落札者へインボイス(請求書)を送っても入金してくれない。
手順としては何度か落札者の方へメールでコンタクトを取り、支払いの催促をしてみます。それでも支払ってくれないようでしたら、Report an Unpaid Item(未払い報告)をすることになります。
私の例で言いますと、支払いのない場合はインボイスを発行後4日目に1回目の催促をします。さらに3日後に2回目の催促をします。それで3日ほど待ちます。この10日間の間何も連絡もなく支払いもない場合Report an Unpaid Item(未払い報告)をします。
Report an Unpaid Item(未払い報告)をしてさえも何も連絡がない場合も多々あり、その場合は落札後約20日後に、落札者から連絡も支払いもないということで、Report an Unpaid Item(未払い報告)をしてはじまったUnpaid Item Disputes(未払い論争)をCloseします。これで出品手数料と落札手数料(もしくは販売手数料)は後日返還されることとなります。
Report an Unpaid Item(未払い報告)をした時点でやっとコンタクトをしてくる落札者さんもいらっしゃいます。その場合は支払いを催促します。
もし支払えない理由があったり、支払う気がないようでしたら、お互い同意の元に落札キャンセルという手続きもできます。

支払いの段階になって値引きを要請された。
そもそも値引きの提案は入札・購入前にするべきですので、この場合落札者さんはフェアとは言えません。したがって値引きに応じる必要はありません。もっとも出品者である貴方が値引きに応じても良いと思うのでしたら、それはそれでかまわないでしょう。しかし落札・販売手数料は落札・販売した額で決まりますので、値引き後の価格にではなく、落札・販売した価格に課金されます。

落札後PayPal(ペイパル)で支払えないと落札者から相談された。
私はeBay(イーベイ)での支払いは原則的にPayPal(ペイパル)のみにしていて、そのことを出品ページへも掲載しています。それでも落札後に落札者さんからPayPal(ペイパル)で支払えないのですけど、と相談が来ることが度々あります。
特に私が出品している商品が欲しくてeBay(イーベイ)IDを取って落札した新規のeBay(イーベイ)ユーザーさんには、いざ支払おうとしてPayPal(ペイパル)に口座を作ろうとしてもクレジットカードがなかったり、国によってはクレジットカードを持っていてもPayPal(ペイパル)に口座を開けない場合があるようです。
そういう場合は国際郵便為替で送ってもらうか、銀行間の国際電信送信(Wire transfer)、またはスルガ銀行で提供しているウエスタンユニオンの国際送金してもらう方法があります。
届くまでちょっと時間がかかりますが、国際郵便為替で支払っていただくのがもっとも容易だと思います。
銀行の国際電信送金やウエスタンユニオンでの国際送金で支払っていただく場合は、あらかじめ円に換金してもらって送金して頂くと良いでしょう。なぜならばドルなど日本円以外で送金された場合、円に換金するときに換金手数料が必要となるからです。換金手数料は銀行によって若干違います。日本円以外の通貨で送金して頂く場合は、換金手数料を上乗せした金額を送金してもらうと良いです。

発送した商品を返品したいと連絡があった。
eBay(イーベイ)出品をしていると返品希望をたまにですが受けます。
eBay(イーベイ)出品時にReturn policy(返品について)という項目で何日以内の返品を受け付けますと入力している場合は、その日にち以内での返品希望でしたら返品に応じなければならないでしょう。
しかし、ここで、販売した商品が中古品の場合と新品未開封の商品の場合とでは、全額返金かどうかの違いが生じると思います。
中古品の場合は損傷などが無い限り送料以外全額返金して良いでしょう。
しかしながら、新品の場合は全額返金を行えないこともあります。つまり新品箱入り未開封の商品を開封してしまった、少しだけど使用してしまった、そういう場合は返品された商品を新品未開封商品として再出品出来ない訳ですから、そのことによって被る損失分は差し引いて返金しても良いと思います。
それと返品送料は返品を希望する落札者さんへ負担してもらってかまわないと思います。

商品が破損して届いたと連絡があった。
幸いなことに私は今までこのようなことを経験しておりません。したがってもし私にこのような事態が起こったらどのように対処するか、というこしをここには書きます。
まず破損して届いたという連絡が届いたら、落札者さんへ保険で商品代金を賠償するから破損した商品をデジカメで撮って写真をメールで送ってくれるようにお願いします。それと同時に郵便局へ行って、商品が破損して届いた場合どのような手続きが必要なのかを聞きに行きます。
後はメールで送られてきた写真で破損状況を確認し、郵便局で教えられた手続きを行います。
もっともEMSのように保険が付いている発送方法だと保険で賠償も可能ですが、保険が付いていない発送方法ですと賠償責任を巡って論争になる可能性があります。
私の場合で言いますと、保険が付かない発送方法で送る場合は、輸送途中破損や紛失事故が発生しても賠償されませんよ、ということをあらかじめ了解の下送っています。

落札後にキャンセルしたいと連絡があった。
オークション出品の場合は落札後のキャンセルは基本的にルール違反です。したがってキャンセル応じる必要はないのかも知れません。しかし、私の場合は、さっさとキャンセルに応じることにしています。あーでもないこーでもない、と落札者さんとメールを交わしている時間と労力があったら、さっさと再出品した方が良いと考えるからです。
それでどのようにキャンセルの処理をするかと言いますと、 落札者さんへ「Report an Unpaid Item(未払い報告)で双方合意の下にキャンセルをする、という手続きを開始するから合意してくれ」というメールを出して、Report an Unpaid Item(未払い報告)でそのように処理をします。これで出品手数料と落札手数料は後日返還されます。処理が済んだらさっさと再出品をします。

発送商品が受取人不在で返送されてきた。

こういうこともたまにあります。国によっては配達業者さんが配達訪問で不在だったらから不在通知を置いてきてけど連絡がないから返送したということもありましたし、落札者さんが長期のバカンスや出張に出て不在にしていて返送されたということもありましたし、不在のときルームメイトが居たのだけれど配達があったことを教えてくれなかったので知らないうちに返送されてしまったということもありました。このように様々な理由で発送した商品が返送されてくる事態は残念ながら発生してしまいます。
それで返送された場合はどうするのかというと、まずは落札者さんへ商品が返送されて戻って来た事実を伝えます。商品が返送されて来たのですが、再送しますか?と聞きます。再送する場合は新たに送料が必要なことを伝えて、送料の支払いをお願いします。送料の支払いが確認ができたら再送します。


↑ホームへ戻る このページのトップへ↑

ホーム | 相互リンクについて | 相互リンク(1)
 
Copyright © eBay(イーベイ)登録・出品・ストア登録マニュアル無料公開&無料配布. All Rights Reserved.