子供英語と幼児英語の教室と教材をご紹介子供・幼児英語の教室と教材

子供と幼児英語の教室と教材・ホームへ お問い合せと相互リンク依頼

幼児英語について
 幼児期に英語を学ぶメリット
 なぜ幼児から英語なのか
 親子で楽しく学ぶ幼児英語
 少ない費用で学ぶ幼児英語
 リトミック式で学ぶ幼児英語
 マザーグースと幼児英語
 教材と教室の選び方
幼児英語教室
 イーオンこども英会話教室
幼児英語教材
 NHK えいごであそぼう
 ディズニーのワールドファミリー
 アルクのエンジェルコース
 アルクのabc DVDボックス
 マミーイングリッシュ
中古の幼児英語教材
 ママのガレージセール
相互リンク集
 お問合せと相互リンクのご依頼
 相互リンク集(1)
 相互リンク集(2)
 相互リンク集(3)

関連サイト
 中学英語でイーベイ&ペイパル
 
 

幼児英語について


世界がグローバル社会になり、幼児英語教育の重要性が以前より増して注目されるようになってきています。
日本では義務教育の中学から英語教育があるので、それからで充分だという声もあります。
幼児から英語を習わせる前に、まず日本語をしっかりと教えるべきだという意見もあります。
それは、もちろん、一つの意見として正しいのでしょう。

しかしながら、"幼児期の特性"を活かして、早い時期から英語を習わせたほうが良い、という考え方もあります。
"幼児期の特性"とは、幼児期の言語に関して持っている特別な能力です。
赤ちゃんは、英語や日本語など世界中の言葉を聞き分け吸収出来る能力を持つと言われています。
特に、3歳までは「耳の黄金期」 と言われ、言語を学習する上での特別な期間と言われています。

例えば、日本人は、英語の「R」と「L」の聞き分けが出来ず、発声での使い分けも苦手です。
その理由の一つといわれているのが、3歳までの間に、日本語だけの環境で育つと、「R」と「L」の聞き分け・使い分けをする必要がないということで、脳が「R」と「L」の聞き分け・使い分けの能力を退化させるのだそうです。

以前、友人から聞いたのですが、スゥエーデンのある家庭では、生まれた子供に、祖父は母国語スウェーデン語で、祖母はドイツ語で、母親は英語で、父親はフランス語で話しかけることで、子供を4ヶ国語を話せるバイリンガルに育てたそうです。

「耳の黄金期」を最大限に活用した例とも言えるかもしれません。

楽天やユニクロは社内公用語を英語とするようです。この動きは日本の他の企業へも広がっていくでしょう。ますます進む世界のグローバル化、
子供に小さな頃から英語を学ばせる機会を与えることは、親から子への将来への「プレゼント」となるのではないでしょうか。

幼児英語を教材で学ばせるか、教室へ通わせるか


お子さんに幼児英語を学ばせる際に、幼児英語の教材を購入して学ばせるか、幼児英会話教室に通わせて学ばせるか、選択に迷うかもしれませんね。

幼児英会話教室へ通わせる最大のメリットは、なんと言ってもダイレクトで生のネイティブでの英語に接して学ぶことではないでしょうか。
多くの幼児英会話教室では、外国人教師が授業を担当します。
親御さんご自身のことを考えてみれば分かると思うのですが、同じ情報をメディアを通して得るより、直接会って情報を得る方が、インプットの強度が格段に違います。
お子さんに英語を学ばせる点でもそれは同じだと考えられます。

でも、地方へお住まいの方などは、近くに幼児英会話教室がない場合も多いと思います。
また、ご両親とも忙しくて、お子さんを幼児英会話教室へ送り迎えする時間がない方もいらっしゃることでしょう。
そのような場合は、幼児英会話教材を利用して、親御さんのペースでお子さんに英語を学ばせると良いでしょう。
幼児英語教材は親子で楽しく英語を学ぶものが多く、親子で幼児英語を学びつつ同時に親子でコミュニケーションも取れる利点があります。

その他にも、幼児英語教材で学ばせるか、幼児英語教室に通わせるか、各々のメリットとデメリットがありますので、個々のご家庭に合った方をお選びになってみて下さい。


ブルードルフィンズ英語教室 中央出版ペピーキッズ スウィングキッズ  ハワイ生まれのフォニックス セサミのえいごワールド
スピードラーニング・ジュニア

【英語関連ニュース】
・幼稚園の5割以上が英語授業をやっているそうです。親御さんたちも今のグローバル社会、そして今後はもっとそのグローバル化が進んでいくと考え、自分の子供をグローバル化社会の中で生きていくために英語は必要と考える傾向が高くなっているということなのでは。そして、幼稚園もその需要に応えているということなのでしょう。(2013年12月30日)
・幼児向けの英語教室に人気が集まっている。低学年から英語を採り入れる小学校が増えていて、その準備や、グローバル化が進む中、「将来、英語で苦労しないように」という親心も背景にあるようだ。英語熱には「みんなやっているし、小学校で出遅れないように」という親の焦りもあるようだ。(2013年8月4日)

このページのトップへ ▲




Copyright(c)2008 子供・幼児英語の教室と教材 All Rights Reserved.