子供英語と幼児英語の教室と教材をご紹介子供・幼児英語の教室と教材

子供と幼児英語の教室と教材・ホームへ お問い合せと相互リンク依頼

幼児英語について
 幼児期に英語を学ぶメリット
 なぜ幼児から英語なのか
 親子で楽しく学ぶ幼児英語
 少ない費用で学ぶ幼児英語
 リトミック式で学ぶ幼児英語
 マザーグースと幼児英語
 教材と教室の選び方
幼児英語教室
 イーオンこども英会話教室
幼児英語教材
 NHK えいごであそぼう
 ディズニーのワールドファミリー
 アルクのエンジェルコース
 アルクのabc DVDボックス
 マミーイングリッシュ
中古の幼児英語教材
 ママのガレージセール
相互リンク集
 お問合せと相互リンクのご依頼
 相互リンク集(1)
 相互リンク集(2)
 相互リンク集(3)

関連サイト
 中学英語でイーベイ&ペイパル
 
 

なぜ幼児から英語なのか

現在、世界はグローバル化し、その勢いはますますま強いものとなっています。
このグローバル社会で有利に生きていくツールとして、英語は必須のものといっても過言ではないのではないでしょうか。

子供が成人し社会へ旅立つとき、英語ができるということは、世界を相手にするビジネスに関われるチャンスにも恵まれます。
また、キャリアアップするにおいても、英語ができると、海外の企業へ就職できたり、海外から日本に進出する企業に勤めることの門戸が広がるなど、英語ができる・できないで選択肢も大きく違ってきます。

日本においての外国人との交流面を考えても、英語ができると大きなアドバンテージとなり、ビジネス面だけでなく、人とのコネクションという面でも幅広いものとなるのではないでしょうか。

このように、将来は現在以上に、外国人との交流も増えし、英語がより重要視されることは間違いのないことでしょう。

グローバル化する社会を見据え、小学校低学年から英語を習いはじめたり、英語の授業を取り入れている保育園や幼稚園も増えてきて大変人気があります。

なにも保育園や幼稚園から英語を学ばせなくても、それより日本語をしっかり教えるのが先決だという意見を持つ方々もいらっしゃいます。

でも、人間は、赤ちゃんや幼児期に言語に関して特別な能力を持ち、英語や日本語など世界中の言葉を聞き分け吸収出来る能力を持つと言われています。
また、赤ちゃんや幼児は、脳や、舌など口の筋肉が未発達のため、語学学習に関して柔軟性に優れてもいます。
この言語吸収能力の柔軟性は、4歳までがその期間と考えられているため、幼稚園や保育園から学ばす親御さんが増えています。

幼児が生まれながらに持つ、言語に対しての吸収能力を活かして英語を学び始めることが、もっとも自然に英語を身につけさせる手段の一つとして、幼児から英語を学ばせてみてはいかがでしょうか。

▼お薦め幼児英語教室・教材

イーオンこども英会話教室
1歳〜の幼児英会話教室です。日本人教師と外国人教師のダブルサポートで、「聞く・話す・読む・書く」の英語の基本表現とネイティブスピーカーの発音を身につけられます。途中入学OK、全国ほとんどの都道府県に教室があります。

 

このページのトップへ ▲

 


Copyright(c)2008 子供・幼児英語の教室と教材 All Rights Reserved.